プロフィール

ママロック

Author:ママロック
もはや10年前、某バンド勝ち抜き合戦にて(笑)マニア受けの歌声を披露したことが。今じゃ、趣味はコドモを叱ること!? 座右の銘は「コドモはパンクだ。。。」

名盤カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

元ロックミュージシャン3児の母。 ロック名盤、ブルース、パンク、オルタナ、おすすめアーティストをやりたい放題に語ります★ママも大歓迎!
ロック名盤★育児だロックだ!ママロック!
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20060322]

サン・ハウスといえば、あたしにとってはデルタの巨人、
死亡通知受け取ってボトルネックの、この人→ココ

だが、ダンナいわく、福岡では違うそうな。
九州では、サンハウスといえば、”菊様”こと、
柴山さん率いるブルースロックバンドのことである。

あたしを混乱させたバンド名は、
ローリング・ストーンズがマディの曲から取ったように、
メンバーの敬愛するブルースアーティストの一人、
「サン・ハウス」から頂いたと聞いて、なるほどなるほど。納得。

ギターの鮎川さん、篠山さん、ベース奈良さん、ドラム鬼平さん。
ツワモノ同士が「ブルースやろうよ~」と集まって、
このメンバーに落ち着き、あとは転がるように発展していったのかな。
一枚目「有頂天」は、ブリティッシュロックや、
ブルースへの愛がびしびし伝わる一枚。
「なまずの唄」は日本語ブルースの名曲。
これ、菊様のすごいところ。

日本のロック・ヴォーカリストにとっては、
日本語でブルースを歌うのって、かなり難しい。必ずぶち当たる壁。
ジャンルを問わず、たくさん音楽を聴けば聴くほど、
あるいは英語詞でカバーを徹底的に続けていくと、
「自分の好きなサウンド」に、「自分の言葉」を乗せたくなる。
オリジナリティを求めだすと始まる、ジレンマ。

まず、リズムが難しい。
ただ歌うだけなら、なんとかなりそうなもんだが、
「聴き手に伝わるように詞を歌う」のが難しい。
「伝わる」より、「聴き手が感じる」のほうが正解かな?

その人の持つ声の力とか、人柄とか、バックグラウンドとか、
それだけで伝わっちゃうこともあるけどね。

ロッカーは、聴き手のことは考えないんだ!と、
思っていた時もあったが、今はちょっと違う。
自己満足の演奏・歌も結構だが、やはり、お互い感じてなんぼ。
演奏する側と聴き手が、同じところで「感じる」のが音楽の良いところ。
ソウルのコミュニケーション、というのかな。
良い音楽に一方通行はありえない。

・・・なんだか理屈っぽくなったけど、何を言いたいかというと、
菊様はすごい」ということだけなのだ(笑)。

まず、詞のセンス。
セックスがテーマのものは、どぎつい言葉が並ぶ時も多いけど、
女の人の立場で書かれたものや、さみしさがテーマのものは、
ばかみたいに素直に愛を求めていたりして、妙に新鮮。

多作家でもあり、シナロケルースターズ、ARBはもちろん、
アン・ルイスや松田優作、クリスや本田恭章(!)にまで
詞を提供してたというから驚き。最近は童謡も書いてたり。

そして、声。
生の菊様はRubyというバンドの時が初めてだったけど、
とにかく声がでかくて太い。声もキングスネークなのだ(?)。

たとえていうなら、「座布団に正座して出すような低音」。

ダンナも柴山さんとスタジオに入る機会があったそうで、
この地を這う低音には驚いた。。。と、
もう、百回くらい同じこと言ってる(笑)。

そして、色をつけない歌い方。
ストレートである。詞の内容の通り、さみしくなったり、
いやらしくなったりはしないで、ただ、歌う。ハッキリ歌うだけ。
だから、言葉だけがどーんと聴こえてくるんだろうな。

そして、忘れちゃいけないキャラクター。
なんたって、音楽に対して、真面目で謙虚だそうだ。
50をとうに過ぎてるが、いつでも新しい音楽を求め
聞き逃してる古いブルースやソウルはないかと、
今でも血眼になっているという。満足はしていないのだ。

コワモテのルックスに、イギー顔負けの上半身裸だが、
あれはハッタリというか、「ロッカー・菊」としての、
モチベーションを高めるためにやっているそうだ。

その心意気、たたずまい。。
幼い頃、見世物小屋で見たような。。(ほめてるんです)
なんとなく、「昭和」「レトロ」を感じさせる懐かしさ。

歌のブレイクに「♪ち○ぽ」やら、下ネタ炸裂なのも憎めない。




ここで、エピソード。

ダンナの友人、大島氏がドラムをやっていることもあり、
Ruby(Blues Lionだったかな?)を聴きに行った時のこと。

この時、私ら夫婦は結婚前。アツアツである。

菊様のバースデー・ライブ終了後、菊様が客席に来てくれた。
見た目すっごい迫力だが、ステージを下りた菊様は、
ファン一人一人に声をかける、サービス精神旺盛なロックおじさん。

そして、後輩である同郷のダンナに向かって、
あの、低い声で、ぼそぼそっと、こう言った。

「二人目(の嫁)?」

「あ・・・・・・・」

・・柴山さん、しっかり聞こえてましたよ。

CRAZY DIAMONDS

1983強力ライブ盤!かなりおススメ。
これからも這い回って、からまって、心に忍び込んでください!

■ オフィシャルサイト

スポンサーサイト
[20060312]
めんたいロック第三回、ルースターズの登場。

80年にリリースされた、1stの「THE ROOSTERS」だが、
これまた若い頃、このレコードに出合った時は、
「ふーん」で終わってしまっていた自分に腹が立つ。

「テキーラ」から始まって、「ロージー」で終わる。
あっという間に終わる。やりたいことだけやって、さっさと終わる。

「やりたいだけ・・やりたいだけ・・」

カッコいいじゃないですか。

とにかくイギリス、なのだ。
福岡出身のダンナいわく、「福岡はイギリスやもん。島国。」
・・・そのとおりでございます。

日本語、あるいは日本語に聞こえる英語、
ひいては「自分の言葉」でブリティッシュ・ロックへの
愛を叫ぶ大江慎也。

このセンスはやはり、菊様(サンハウス・柴山さん)の影響だろうか?
(ライナーも柴山さんが書いている)

大江さんの声っていうのは、とにかくひっかかる。
人をホッとさせる声・・・歌い方では、けして、ない。
聴いてる人の心をギーッと引っかくタイプのシンガーだ。
投げかけてくる思いは、確実にあたしの的に命中してる。
ブルースという崖っぷち音楽に、足を踏ん張って立っているんだね。

ルースターズの前身、「人間クラブ」(Vo.南浩二)の
テープから聴きなおしたわけだけど、
危機感溢れるカッティングは、大江さんがプレイしているのだろう。

ご存知の通り、一時の大江さんは、心のバランスを崩してしまい、
あるビデオなんか、見ていられない。
宙をさまよう視線、何かにおびえたような表情。
こんな状態でも活動を続けていたなんて。

それが、商売第一の当時の業界の人間のやり方か、
あるいは大江さん自身の、歌への希望なのか、
あたしにはわからないし、口を出せる立場ではないけど、
本人はもちろん、ギターの花田さんを始めとする、
バンドのメンバーは、想像を絶するヘビーな思いをしたことだろう。

もがいてもがいて、ロックをやり続けてる姿は、
不謹慎だが美しい、と思った。

うちのダンナも若かりし頃は、
「下山淳がギターで入って、ルースターズはダメになった」などと、
たいそう青い発想をしたそうだが、
今になって考えると、静かにバンドを見守っていた重要人物なんだよな・・・と、
焼酎飲みながら、妙にしんみりつぶやいていた。


・・・ここでエピソードをひとつ。

ママロックが、某勝ち抜き音楽番組に出るとき、
灘友さん(池畑さんに代わり、ルースターズに一時在籍)が、
ドラムをやってくれたのだけど、
なんてったって「ルースターズ?へ~」という馬鹿者だったので、

「灘友さん、シンバルさ、指で叩いてくれない?」
「え・・!? ゆ、指?」

「クラップ(手拍子)で始まる歌だからさ」
「指か。。。」

「ブルーズだね」(メンバー)


わがままオンナの望みどおり、
灘友さんは指で16ビートを刻み続けてくれたのであった。。。
ちきちー、ちきちーと。

灘友さん、あの時は本当に失礼致しました!

THE ROOSTERS(紙)
ストーンズ一枚目が聴きたくなった。

大江さん、活動されてます。新曲も出てるし!
■ オフィシャルサイト

[20060306]

陣さんこと、陣内孝則率いるロッカーズ。

めんたいダンナ押入れコレクション、その③なのだが、
今日は、80年の80'sファクトリーでのライヴを聴きながら。

「1.2.3.4~!」と始まる曲は、確かにアッパーである。
ギターの谷さんを始めとする、演奏陣も縦ノリ全開である。
ラモーンズ好きにはたまらない。

ファーストアルバム、「WHO TH eROCKERS」のジャケを見てみよう。
陣内さん、メイクキメキメです。スリムです。

料理しながら聴いてみる。
イスに座って聴いてみる。
軽く踊りながら聴いてみる。
うーん、ノって来た。
このライヴテープ、かっこいいぞ。

そこへ、陣さんのMC・・・「どぅも~♪」

だ、だめだ~!

極上のロックンロール聴かせといて、
いきなり人の良さあふれるMCを聞かされても嬉しくないよぉ~!
しかもMC、かなり長い。で、生活感アリアリで面白い(笑)。
サービスしないと気がすまない人なのだ。

ロッカーたるもの、とっつきにくいくらいのほうが良いのに。
ワルなイメージ、キープしてくれー。(たとえイイ人でもね)

もう、こうなるとMCのないアルバムを聴いても、
「人の良い歌声」にしか思えなくなってしまうママロックであった。


ここで、バイク事故で亡くなった谷さんとの思い出をひとつ。
あたしが、ブルースを歌いたくてしょうがないのに、
レコード会社向けへのプロモライヴを展開してたとき、
メンバーの知り合い、と言うことで谷さんが何度か見に来てくれた。

いつもスタイリッシュなカッコで、本当にお洒落な人だった。
イギリス的なお洒落。すらりとしてて粋だった。

あたしは若くて、ホントに無知だったので、
「ロッカーズ?あぁ、バンド名は知ってるけど・・・」と、
たいそう失礼な態度だったと思う。
谷さんが「ロッカーズ」の「ロッカー」の部分を担う、
ギタリストだとは、とんと知らなかったのだ。

谷さんは、あたしの歌うアカペラの反戦ソングを
たいそう気に入ってくれて、こう励ましてくれた。

「そのまんまでいいんだよ。どんな歌謡曲歌ったって、
充分伝わるよ。ロックだよ!」

後日、小さなバーでのライヴに誘われ、
急遽ブルースやボビー・マギーをセッションしたのだが、
谷さんは、筋金入りの縦ノリギターだったので、
本当に歌いずらかった(笑)。

この頃、リハ代欲しさにホステスのバイトをしてたのだが、
ある日、店の電話が鳴った。
実らぬ片思いしてたバンドのメンバーからで、
うきうきしたあたしの気持ちをよそに、彼はこう言った。

「谷やん、亡くなった。バイクで・・・」

足が震えた。
涙は全然出なかった。

「奥さん、どうしただろう。。。」

それしか考えられなかった。

「行って来ます」と言って、
いつものように愛する人が出かけ、二度と帰ってこない。
そんなつらさに耐えて生き続ける人が、いる。

あたしにとってのロッカーズは、谷さん。
谷さん、あたし、今ロックしてるかな・・・?


WHO TH eROCKERS
ロックをありがとう。 
[20060303]

シナロケとの出会いは、ある一枚のレコードだった。

かなりブラックなギャグと、音楽をコラボした伝説のアルバム、
スネークマンショー~急いで口で吸え!

YMO細野氏と、桑原茂一がプロデュースした、アレである。
♪「咲坂(小林克也)と桃内(伊武雅刀)のごきげんいかが1・2・3」が耳から離れない。

この摩訶不思議なアルバムのコント「盗聴エディPart2」の後に、
シナロケの名曲「レモンティー」が入っていた。

コドモのあたしにとって、このエロティックなアルバムと、
シーナさんの甘ったるい歌声がリンクして、
親の前では聴いてはいけないものだな、と認識してた覚えがある(笑)。

「レモンティー」は、サンハウス柴山氏作詞、鮎川氏作曲アレンジとあるが、
エアロの「Train Kept a rollin'」が元ネタなのは言うまでもない。
(というか、ヤードバーズか。)
もう、全然そんなの気にならないカッコよさ!
完全にシナロケサウンドなのである。

このころの博多のバンドは、とにかく気に入った曲に、
そのまま日本語をのっける、というのが多かったのかな。

ダンナ押入れビデオから、85年の「九州音楽祭」というのが出てきた。
シーナさんがティナ・ターナーのごとく、魅力的なのはもちろんだが、
もっと魅力的なのは、鮎川さんのMCである(笑)。

「さっき、ロープウェイのって、いっぺんに低いとこからー、
ピューとなり、耳の鼓膜がプクーとなってー、(中略)
ロックンロールの、ピューてハイになる感じと、えらい近い」

・・・愛すべきロケンロー夫婦である!
全ての音楽ジャンルをかき回し続けてください!

ファーストの「#1」、アルバムは廃盤なのかな?
シーナさんがとてもコケティシュで可愛いジャケなんだけど。。
最近では、てんこ盛りが出てます
↓ ↓ ↓

 DREAM BOX [CCCD]

■オフィシャルサイト
[20060226]
先日、ジョニー・サンダースを聴きながら掃除をしてたら、
めんたいギタリスト、ダンナが帰ってきてこう言った。

「モッズのチャイニーズ・ロックスのほうがカッコいいなぁ」

そう言って、押入れからなにやらごそごそ、
81年頃のソニーのAHFテープを取り出して、聴いた。

「ホントだ!かっこいい~!」

未発表のテイクを含むこの一発録りテープは、
ダビングを重ねたおかげか、ボッコボコに歪んでいて、
それがまた荒々しくてよい。
どうやら、80'sファクトリーというライブハウスでのつながりで、
寄せ集めたコレクションテープらしい。

縦社会の福岡の音楽界では、先輩ミュージシャンが、

「おい、お前コレ聴かんとや」
「わかりましたとです」

・・・みたいな感じで、ブルースやらルーツロックに触れてくらしい。

ダンナは、知り合って以来、日本のロックにめっぽう弱いあたしに、
山善、サン・ハウス、ロッカーズ、ルースターズなどなど、
たくさんの音源を聴かせてくれたけど、
あたしの感性が鈍いのか、耳が腐ってるのか知らないが、
正直言って「ほお~、すごいね・・・」ぐらいの反応しかできなかった。

だけどこの日のカセットテープは、かなりグッと来た。

どうしてもっと早く、グッと来ないのか。

森山さんの歌に、あのタイトなドラムに、ベースに、ギターに。
ホントの不良のロックン・ロール。
ヘタな事言ったら、女だってぶっ飛ばされそうだ。

日本語の歌詞がしっかり、聴こえてくる。心に入ってくる。
まったく凄い勢いだ。
はあ、酒ばっか飲んで、いい加減に聴いていたんだろうな。後悔。


↓↓ 以降、ダンナからの解説(?)。

ウィー アー ザ モーッズ!!!!!!!

今日、家に帰るとジョニサンの「CHINESE ROCKS」がかかっていた。
思わずTHE MODSを思い出し、押入れの奥深く眠る20年以上眠る、
俺のベストセレクション、「BEAT 1」のテープを探り出し、
モッズバージョンを聴いてみた。

「カッチョ イイ!ジョニサンよりも!」と率直に思った。

多分80年代前半の、一発録りRECだと思う。
渕上じゃなくて、天神のスタジオのはずだ。
博多にいたその頃は、周りの環境に恵まれ、
ライブハウス・80'sファクトリー絡みで、
色んなバンドのデモ録などがまわって来たもんだ。

サンハウス・ロッカーズ・シナロケ・ルースターズ...

あと、自分でライブハウスにラジカセを持ち込み、
録音しまくっていた、そんな時代だった。

別のテープには、「やめとくれ」「一網打尽」「BUNNY GIRL」、
「しょんべん」「夜のハイウェイ」(これは後にも正式RECされてたと思う)
「誘惑」などなど、まだまだモッズがザ・クラッシュなどの、
ロンドンパンクに走る前で、わりとBEATの聴いた、
ちょっとブルージーなゴキゲンな演奏だ。
(サン・ハウスの影響?山善?)

森やんの歌も、キーが高い。いや、又貸しが回りまわって、
回転が上がってるのか(笑)?

メンバーは変わってないと思うが、現・ドラムの梶浦氏の前には、
知人のしゅうちゃん(トレモローズ、元アクシデンツ)がドラムをやっていた。
そう思うと、時代の流れにため息!

昨日、TVで最近のモッズのライヴを偶然見て、
変わらんね~と思いながら、
「ウィー アー ザ モーッズ」のおにいちゃんは、
何処で何してるんだろう?

伊藤 恵美さん(80'sファクトリー店長・ストリート・スライダーズ事務所社長)元気かな~?

とか考えつつ、サンハウス・ロッカーズ・ルースターズ、
ルースターズの母体・人間クラブのテープまでも取り出し、
またまたはまりそうな今日この頃。

改めて、博多の当時の音楽シーンは良かった。
サンハウスは、嵐の「小戸公園」~サードワールドとの競演が初体験。

俺はいわゆる「博多めんたいビート」と呼ばれてた、
この3バンドで育った様なもんだ。

書き出すときりないので、第1章はモーッズ!でした。
そうそう、「こんばんわTHE MODSの森山です」の、
土曜深夜のオールナイト番組・・・思い出せないっ!
「Lモーションラグ」じゃなくて、あれたいっ!
寝れない・・・・

THE MODS BEST“Records”
ママロック、コレで出直します・・・
 
HOME
copyright © 2005 ママロック all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
MTVよりチョイス!

最近のおススメ


Eye to the Telescope

秀逸★ロックねーちゃん


Back to Black

セクシーだな~


I'm Not Dead

大好き!P!NK!

■ 売れ筋チェック!
■ BOXセットチェック!

【広告】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。