プロフィール

ママロック

Author:ママロック
もはや10年前、某バンド勝ち抜き合戦にて(笑)マニア受けの歌声を披露したことが。今じゃ、趣味はコドモを叱ること!? 座右の銘は「コドモはパンクだ。。。」

名盤カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

元ロックミュージシャン3児の母。 ロック名盤、ブルース、パンク、オルタナ、おすすめアーティストをやりたい放題に語ります★ママも大歓迎!
ロック名盤★育児だロックだ!ママロック!
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20060709]


ライヴこそ彼らの本性!?

Good Timin: Live at Knebworth, England 1980
The Beach Boys
Eagle (2003/03/04)
売り上げランキング: 86,250



パブロックは少し休憩。

な、なんで突然ビーチボーイズなんだ!?というと、
先日、BSにて放送していたビーチボーイズのライヴ、
LIVE AT KNEBWORTH ENGLAND '80」を見て、
「どえー!あたしはやっぱり未熟者だった~!」と、
かなりの衝撃を受けたから。

80年代のこのライヴは、
心身を病んでいたバンドの要・長兄ブライアンの小復活もあり、
みな元気に揃ったゴールデンメンバーで行われたもの。
実に貴重な映像である。

ここでのビーチボーイズは、
「海」でも「太陽」でも、「潮風」でもなく、
言っちゃ悪いが、さわやかさはみじんもない(失礼)。
ハーモニーだって、所々乱れて荒っぽい。

くねくねと、ちょっと気持ち悪いリード・ヴォーカルのマイク・ラヴ、
甘酸っぱい声は健在である。

末っ子の人格者・カールのギターはビリビリひずみ、
自分の中の、隠れたロックンロール魂にびっくりしているかのようだし、

唯一サーファーを体現した、暴れん坊次男・デニス(男前)は、
ドカドカと、馬鹿デカいドラムを叩き、
圧巻の「サーフィンUSA」の途中で聴かせてくれた、
二拍三連のフレーズには、今すぐ結婚を申し込もうと思ったくらいだ(笑)。

とにかく、「なんなんだ!このアツさは!」と、驚くばかりなのである。

アルバムでは、完璧にサウンド・コントロール出来てる人たちも、
まだ危ういブライアンを思いやる気持ちと、
純粋に、観客の前でプレイ出来て嬉しい気持ちで、
完全にコントロール不可能と化してるとこに、本当に感動した。
音楽を演奏する喜び、それだけが溢れている。


ビーチボーイズは、かなりのロックン・ロールバンドだったのだ。


あたしとビーチ・ボーイズの出会いは、
高校時代のコーヒー・ショップでのバイトにある。

ここのマスターが大の音楽好きで、
ビートルズ、モータウン、キャロル・キングなど、
60年代の良質のポップスは、このマスターに仕込まれた。

当時は、ジャニスやブルースにのめり込んでたので、
マスターのいない時は、有線放送をブルースにしてたのだけど、
コーヒー屋で、シカゴ・ブルースはひどいか(笑)。

だから、ビーチボーイズは、
「夏休み」「バイト」「悪友と出かける海」「ドライヴ」
聴けばウキウキ・・・そんなイメージしかなかったのだ。

このバンドの背景にあったドロドロしたものや、
ロックの怨念みたいなもの・・・
そして、主要メンバーが亡くなっても続いてる現在・・・
クリエイトしながら歩き続ける事の難しさ・・・

それもこれもぜーんぶ含めて、
「ビーチボーイズ」なんだ!ということに、
今、この年になって、やっと気づかされた。


ありがとう!NHK!
じゅ、受信料はまた今度・・・



もちろんこちらも聴くべし!
■ 「PETSOUNDS」  ブライアンワールド全開。深いです。

 
スポンサーサイト
[20060112]

タイトル曲で泣きます
Ooh La La
Faces

Warner Bros.
1993-09-14
売り上げランキング 18,598

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本当に好きなこのアルバム。

フェイセスは、「仲良しの幼なじみサウンド」と言ったらいいかな?
あったかくて、飾らないロックン・ロール。

でも、聴いてると二度と戻らない青春時代(大げさ)を思い出し、
心底せつなくなる。

ロッドも楽しそうに歌って好印象★
タイトル曲「ウー・ラ・ラ」はロン・ウッドが歌ってます。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]
圧倒的説得力
Bringing It All Back Home
Bob Dylan

Columbia
1990-10-25
売り上げランキング 78,848

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ディランを聴くと、「あ~、もっと英語がわかればな」と、
実に悔しい思いになる。

この人はポイポイと言葉を道端に投げ捨てて、
「あとは拾った人間が考えな」といった感である。

でも、歌詞の意味があまりわからなくたって、
ラスト曲の「ベイビー・ブルー」、
この歌の説得力じゃまいっちゃうよ~!

「Highway61 Revisited」こちらもマスト!
(ライク・ア・ローリング・ストーン入り)



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

垣間見るミュージシャン魂
Music from Big Pink
The Band

Emi
2001-08-20
売り上げランキング 1,596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「THE WHEIGHT」、これにつきます。

大げさかもしれないけど、この一曲がザ・バンドの集大成。
必要最小限の音数に、心のこもったヴォーカル。
音の向こうに人柄が見える。

充分じゃないですか!



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

南部への憧れ
Bayou Country
Ccr

Fantasy
1990-10-25
売り上げランキング 44,949

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ジョン・フォガティの歌とギターは、かなりエネルギッシュ!
この人独自の前のめりのリズムがスゴい。
ぐいぐいぐい。。と、本当にカラダが突き動かされる。
リトル・リチャードが憑依したかのよう(笑)。

どのアルバムも名曲があるので迷ったけど、
「プラウド・メアリー」が入ったこの一枚!

これはアイク&ティナ・ターナーがカバーしてるけど、
黒人からの立場と、南部にあこがれた白人の、
曲に対する解釈が微妙に違うのも面白い。

それにしてもアマゾンさん、「Ccr」はないでしょ~。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

サイケデリックな気分に
Aoxomoxoa
The Grateful Dead

Rhino Entertainment
2003-02-25
売り上げランキング 99,256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ふわふわ、ゆるゆる。浮遊感。
心地よく生温かい音楽。
酒、タバコ、そして・・・

脳内洗浄したい人におススメ。

甘い煙を部屋に充満させてください。
(ママロックは責任持てないけど。。)



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

バンドマンがボウイを聴くなら
The Man Who Sold the World
David Bowie

Emi
2002-06-10
売り上げランキング 82,778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



デビッド・ボウイは色々な顔を持ってるのは周知の事実。
グラムスター、とても美しいピアノ曲を歌ったり、
ひっくり返るほどアバンギャルドな歌を歌ったり。。

そんな中、バンドマンが聴くボウイとして
親しみやすいこの一枚!
もちろん「ジギー・スターダスト」も聴いて欲しい。

ミック・ロンソンのギター、今聴いてもスゴいなぁ。。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

対 ジム・モリソン
20th Century Boy: The Ultimate Collection
Marc Bolan & T. Rex

Hip-O
2002-08-20
売り上げランキング 787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



あたしの中では、マーク・ボランといえばジム・モリソン、
そんな勝手なイメージがある。
なんというか、存在が「シンボル」的というのかな。
中性的で文学的。でもロックしてる!

グラムロックはコレだけ聴け!と言い切っちゃおう。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

死へ向かって
The Doors
The Doors

Elektra
1990-10-25
売り上げランキング 54,851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ドアーズを聴いてると、うっそうとした森の中の長い一本道を、
ジム・モリソンからの手紙を読みながら、うつむいて歩く自分が目に浮かぶ。
やっとのことで真夜中に行き着くのは、冷たい湖。

なんだそりゃ、という感じなんだけど、
つまり「死」を意識させる文学的サウンドだな、ということ。
こういう人、日本にはいないなぁ。。。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

初期ならコレ!
Let There Be Rock (Dlx)
Ac/Dc

Sony
2003-04-29
売り上げランキング 7,404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



AC/DCといえば、「Black in Black」!
そーです。その通りです。
ブライアンのようなキレたヴォーカル、他に誰が!?

だけどあたしは、今は亡き前ヴォーカリスト、
ボン・スコットをぜひぜひ聴いて欲しい。

ラスト曲で縦に首振ってください。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
HOME NEXT
copyright © 2005 ママロック all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
MTVよりチョイス!

最近のおススメ


Eye to the Telescope

秀逸★ロックねーちゃん


Back to Black

セクシーだな~


I'm Not Dead

大好き!P!NK!

■ 売れ筋チェック!
■ BOXセットチェック!

【広告】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。