プロフィール

ママロック

Author:ママロック
もはや10年前、某バンド勝ち抜き合戦にて(笑)マニア受けの歌声を披露したことが。今じゃ、趣味はコドモを叱ること!? 座右の銘は「コドモはパンクだ。。。」

名盤カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

元ロックミュージシャン3児の母。 ロック名盤、ブルース、パンク、オルタナ、おすすめアーティストをやりたい放題に語ります★ママも大歓迎!
ロック名盤★育児だロックだ!ママロック!
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20060112]

二枚組みが出てます
Jesse Davis/Ululu
Jesse Ed Davis

Wounded Bird
2004-11-02
売り上げランキング 79,741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ルーズで、ハートのこもったヴォーカル、
独特の粘っこいスライドギター。

イケイケスライドではなく、メロディー重視。
スケールの大きさは彼がネイティヴ・アメリカンだからか?

大物ミュージシャン達からのサポートも多く、
タジ・マハルとは厚い師弟関係にあったそうな。

2ndの「Ululu」が個人的にオススメ。



他にも紹介しています
スライドギター名盤!
[20060112]
素顔のジョニー・ウィンター
Nothing But the Blues
Johnny Winter

Sony
1990-10-25
売り上げランキング 43,556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ホワイト・ブルーズマンとしての
ジョニー・ウィンターを知るなら、この一枚!
オリジナルのブルースアルバムを、
愛しのマディと作れれば本望だろうな。

ジャケットもクール!弾きまくり。
・・・いつもだけど(笑)



他にも紹介しています
スライドギター名盤!
[20060112]

爆裂ロッケンローラー
Born to Be Bad
George Thorogood & the Destroyers

EMI America
1990-10-25
売り上げランキング 285,668

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



アッパーなスライドといえばこの人。
「ばかちん」ロッカーです。

ギャギャギャーとオープンコード全開で
勝手きままに弾いてるので、
聴いてるほうは、ただのけぞります。

メンバー(デストロイヤーズ)のサックスが、
いかがわしさを倍増。

乱暴で、ほこりっぽい音楽。カッコいい!



他にも紹介しています
スライドギター名盤!
[20060112]

腕良し・顔良し・センス良し
Chicken Skin Music
Ry Cooder

Reprise
1990-10-25
売り上げランキング 9,671

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スライド・マスター!ライ・クーダー。
ブルースだけでなく、カントリー、ハワイアン、
テックス・メックス、ジャズ。。。
全てが盛り込まれているこのアルバム。

味わい深いヴォーカルも充実!
フィンガーピッキングのスライドは、
無駄な音は何一つありません。

ただただ、音楽に対する愛にあふれてます。

「ブーマーズ・ストーリー」もあわせて聴くべし!



他にも紹介しています
スライドギター名盤!
[20060112]

完全オリジナルなスライドフレーズ
Sailin' Shoes
Little Feat

Warner Bros.
1990-10-25
売り上げランキング 46,049

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ボニー・レイットと共通する部分がある、
ローウェル・ジョージのスライド。
ライ・クーダーを含め、3人でスライド談義をしてたというのは驚き!

彼のスライドは、一言で言えば「粘り腰」。

音と音の間を、これでもか~!と粘って移動する。
やっとたどり着いた音の先では、
ホッとする間もなく攻撃的なフレーズを繰り出してくる。
それがとてもユニーク。

「COLD COLD COLD」が典型的なそれ。大好き!



他にも紹介しています
スライドギター名盤!
[20060112]

最も影響を受けたスライドギター
Bonnie Raitt
Bonnie Raitt

Rhino / Wea
2001-10-16
売り上げランキング 17,662

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



静かに熱い人柄。
「アメリカの良心」とまで言われてるそうな。

ストイックなまでにブルースを追求するボニー・レイット。
フレッド・マクダウェルの影響大であろう、
彼女のスライドは実にシンプル。
感情が高ぶったって、ロングトーン一発なのである。

まずは気ままに作ったこの一枚。

もう少しバリバリ弾く彼女が聴きたければ、
グラミー獲得以降のアルバムがおススメ。

「A TRIBUTE TO STEVIE RAY VAUGHAN」
「ROAD TESTED」・・・お試しあれ!



他にも紹介しています
スライドギター名盤!
[20060112]

タイトル曲で泣きます
Ooh La La
Faces

Warner Bros.
1993-09-14
売り上げランキング 18,598

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



本当に好きなこのアルバム。

フェイセスは、「仲良しの幼なじみサウンド」と言ったらいいかな?
あったかくて、飾らないロックン・ロール。

でも、聴いてると二度と戻らない青春時代(大げさ)を思い出し、
心底せつなくなる。

ロッドも楽しそうに歌って好印象★
タイトル曲「ウー・ラ・ラ」はロン・ウッドが歌ってます。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]
圧倒的説得力
Bringing It All Back Home
Bob Dylan

Columbia
1990-10-25
売り上げランキング 78,848

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ディランを聴くと、「あ~、もっと英語がわかればな」と、
実に悔しい思いになる。

この人はポイポイと言葉を道端に投げ捨てて、
「あとは拾った人間が考えな」といった感である。

でも、歌詞の意味があまりわからなくたって、
ラスト曲の「ベイビー・ブルー」、
この歌の説得力じゃまいっちゃうよ~!

「Highway61 Revisited」こちらもマスト!
(ライク・ア・ローリング・ストーン入り)



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

垣間見るミュージシャン魂
Music from Big Pink
The Band

Emi
2001-08-20
売り上げランキング 1,596

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



「THE WHEIGHT」、これにつきます。

大げさかもしれないけど、この一曲がザ・バンドの集大成。
必要最小限の音数に、心のこもったヴォーカル。
音の向こうに人柄が見える。

充分じゃないですか!



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

南部への憧れ
Bayou Country
Ccr

Fantasy
1990-10-25
売り上げランキング 44,949

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ジョン・フォガティの歌とギターは、かなりエネルギッシュ!
この人独自の前のめりのリズムがスゴい。
ぐいぐいぐい。。と、本当にカラダが突き動かされる。
リトル・リチャードが憑依したかのよう(笑)。

どのアルバムも名曲があるので迷ったけど、
「プラウド・メアリー」が入ったこの一枚!

これはアイク&ティナ・ターナーがカバーしてるけど、
黒人からの立場と、南部にあこがれた白人の、
曲に対する解釈が微妙に違うのも面白い。

それにしてもアマゾンさん、「Ccr」はないでしょ~。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

サイケデリックな気分に
Aoxomoxoa
The Grateful Dead

Rhino Entertainment
2003-02-25
売り上げランキング 99,256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ふわふわ、ゆるゆる。浮遊感。
心地よく生温かい音楽。
酒、タバコ、そして・・・

脳内洗浄したい人におススメ。

甘い煙を部屋に充満させてください。
(ママロックは責任持てないけど。。)



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

バンドマンがボウイを聴くなら
The Man Who Sold the World
David Bowie

Emi
2002-06-10
売り上げランキング 82,778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



デビッド・ボウイは色々な顔を持ってるのは周知の事実。
グラムスター、とても美しいピアノ曲を歌ったり、
ひっくり返るほどアバンギャルドな歌を歌ったり。。

そんな中、バンドマンが聴くボウイとして
親しみやすいこの一枚!
もちろん「ジギー・スターダスト」も聴いて欲しい。

ミック・ロンソンのギター、今聴いてもスゴいなぁ。。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

対 ジム・モリソン
20th Century Boy: The Ultimate Collection
Marc Bolan & T. Rex

Hip-O
2002-08-20
売り上げランキング 787

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



あたしの中では、マーク・ボランといえばジム・モリソン、
そんな勝手なイメージがある。
なんというか、存在が「シンボル」的というのかな。
中性的で文学的。でもロックしてる!

グラムロックはコレだけ聴け!と言い切っちゃおう。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

死へ向かって
The Doors
The Doors

Elektra
1990-10-25
売り上げランキング 54,851

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ドアーズを聴いてると、うっそうとした森の中の長い一本道を、
ジム・モリソンからの手紙を読みながら、うつむいて歩く自分が目に浮かぶ。
やっとのことで真夜中に行き着くのは、冷たい湖。

なんだそりゃ、という感じなんだけど、
つまり「死」を意識させる文学的サウンドだな、ということ。
こういう人、日本にはいないなぁ。。。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

初期ならコレ!
Let There Be Rock (Dlx)
Ac/Dc

Sony
2003-04-29
売り上げランキング 7,404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



AC/DCといえば、「Black in Black」!
そーです。その通りです。
ブライアンのようなキレたヴォーカル、他に誰が!?

だけどあたしは、今は亡き前ヴォーカリスト、
ボン・スコットをぜひぜひ聴いて欲しい。

ラスト曲で縦に首振ってください。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060112]

スティーヴ・マリオットの情念
イート・イット
ハンブル・パイ

ユニバーサルインターナショナル
1993-08-25
売り上げランキング 36,885

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



小さいカラダを振り絞るように歌うスティーブ・マリオット。
男性ヴォーカルの中でも、最も好き。
もう、こぶしまわしまくりです。真っ黒です。

ロック・ブルース・そして彼が最も執着したゴスペル。
この一枚(レコードは二枚組)にはいろんなハンブル・パイが詰まっている。
 
彼は自分が黒人でないことがコンプレックスだったに違いない。
多くの白人R&B好きがそうだったように。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

一枚選ぶなら・・コレ!
Let It Bleed
Rolling Stones

Abkco
1990-10-25
売り上げランキング 153,965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



不気味な一曲目でリスナーを不安におとし入れ、
ラストのハッピーナンバー"COUNTRY HONK"で、
「あ~、ロックっていいな~」と、ホッとさせるストーリー性。
最高のロックン・ロールアルバム!



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

ゴージャスじゃないエアロ
Get Your Wings
Aerosmith

Columbia
1993-09-07
売り上げランキング 101,777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ちょっと最近、ゴージャスになりすぎでは?と、
心配になるエアロスミス。
初期は、シンプルなロックンロールバンドでありました。
「ロック小僧」という響きが良く似合う。

”TRAIN KEPT A ROLLIN'"は今聴いてもワクワクする。
ということで、二枚目のコレがおススメ。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

リフの玉手箱
Led Zeppelin II
Led Zeppelin

Atlantic / Wea
1994-06-21
売り上げランキング 1,202

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



バンドマンなら一度は経験したことがあるだろう、飲み屋での会話。
「ツェッペリンはやっぱ1stだろ~」「いや、俺は四枚目だ」
(以降、ここからブルース論に発展したりする)

そんな中、あたしは二枚目をおススメします。
一曲目の"WHOLE LOTTA LOVE"、ライブでやったことあるけど、
曲中の後半ブレイクは、今思えばかなり恥ずかしい思い出(笑)。

「♪うぇ~い だ~うんにぃさ~いぇ」 ♪ジャ、ジャーン(ギター)

「♪ろあ~~~~~~~~~~~」 ♪どたたたたたたたた・・・(ドラム)
 
 ♪ジャジャージャ・ジャージャン・・(ギターリフへと続く)

普通、そのままコピーしないだろ。  



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

ジェフ・ベックのブルース魂
トゥルース&ベック・オラ
ジェフ・ベック・グループ

東芝EMI
1999-09-29
売り上げランキング 15,396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



名盤二枚組みってすごいなー!
レコードコレクターのわが家としては信じられない、JBGの二枚組。

ロッド・スチュアートの歌は、ドロドロサウンドの中でも、
どこかスポーティで、そこがたまらなく良い。
プレスリーの名曲もここまでひねるとオリジナル。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

クリームの対抗馬
ベック・ボガート&アピス・ライヴ・イン・ジャパン(紙ジャケット仕様)
ジェフ・ベック ボガート&アピス ベック

Sony Music Direct
2005-01-19
売り上げランキング 79,314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ヘビー級のリズム対&ギターマスター、ジェフ・ベック。
昔のジェフ・ベックはブルースを使って、
轟音の中、何をやりたかったんだろう?

同じ様なジャケでスタジオ盤があるけど、
断然こちらがオススメ!リズム隊は必聴★
腰に来ます。

・・・しかし、紙ジャケってブームなの?


他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

バカテク3ピースの最骨頂
クリームの素晴らしき世界
クリーム

ユニバーサルインターナショナル
2002-09-21
売り上げランキング 8,850

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



クリームの魅力はなんといっても、その演奏力。
楽器で自己表現しきってます。
ブルースに足を踏み入れた若者バンドマン必聴。

ジャック・ブルースより好きなベーシスト、
いまだに見つかりません。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

「間」を追求するなら
Free Live
Free

Island
2002-02-04
売り上げランキング 16,965

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



音符と音符の「間」、歌ならば「息つぎ」。
何もないところに全身全霊こめてグルーブできる。
フリーの全ての魅力はそこにある。
ポール・ロジャースよ、クイーンじゃないだろう~!

スタジオ録音はアルバムのカラーがあるので、ライブ盤のこの一枚。
ブルースロックを愛する全ての人に!



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060111]

オトコを感じます
BBC Sessions
Jimi Hendrix

MCA
1998-06-02
売り上げランキング 21,783

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジミヘンを聴くとHしたくなるのは、あたしだけでしょうか。
セックスを感じさせる音楽。ジャズでありロック。

いい意味で手軽に「ジミらしさ」がわかる一枚。
もちろん、「エレクトリック・レディランド」も聴くべし!
ジミは歌も本当に素晴らしい。



他にも紹介しています
ロック名盤!60’s~70’s「あの時代」のアーティスト
[20060105]
ひりひりする音楽。

CAT CLAW」のビデオを見て、「こりゃヤバイ!」と思ったのが数年前。
黒髪を振り乱し、タバコ片手に吐き捨てるように歌うVV(♀・ヴィヴィ)。
モッズなルックスで、シンプル&ブルージーなフレーズを淡々と弾くホテル(♂)。

無機質なリズムマシーンをならし、やたらセクシーで、退廃的なロックを歌う二人組なのである。
同時期に注目された二人組には、ホワイト・ストライプスがいるけど、
THE KILLSの音作りは、もっともっとザラザラ。
生々しくて暴力的。エロティック。

ブルーズベースのサウンドなのに、どこか進行形なのは、
彼らのスタイリッシュなルックスが関係してるんだろうな。
(彼らはそのルックスばかりに注目されるのを非常に嫌ってるけど)
いわゆるルーツ回帰とは、一線を帰している。
ジョンスペやプライマルから、サポートを頼まれるのも充分うなずける。

久々のパティ・スミス・・・!これがヴィヴィの歌の印象。
彼女が全てリードして活動しているんだろうな・・、
といった感のあるヴィヴィの歌だったけど、
実際にライブを見てびっくり仰天!

一言で言えば、「セックスしながらケンカしたがってる」

ホテルの持つギターが「男性」そのもので、
前戯なしで凶暴にヴィヴィに襲いかかり、
人前で押し倒し、髪の毛引っ張って、
突き上げながら「どうだ!俺の名前を泣き叫べ」

ヴィヴィは多分、こう言うだろう。
「あんたにヤられっぱなしは絶えられない。好きなら殺して」

それでも二人は燃え上がる。。

・・・かなりママロックの妄想が入ってますが(笑)。

これはもう、SMの世界、あるいはドメスティック・バイオレンスである。
ホテルがサウンドの全てをコントロールしてるんだと思う。
そして、彼はたくさんの音楽を聴いているに違いない。
パブロック好きがにんまりするようなフレーズ、びしびし弾いてたよ。
それにヴェルヴェット・アンダーグラウンドな匂い。

なにはともあれ、スリリングな音であることは保証します。
ビーフハートの「DROPOUT BOOGIE」をカバーしてることからも、
彼らのルーツがうかがえます。

余談だけど、ホテルはPJハーヴェイ好きらしいよ!

KEEP ON YOUR MEAN SIDE 夫婦たるものこうあるべき!?


BACK HOME
copyright © 2005 ママロック all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
MTVよりチョイス!

最近のおススメ


Eye to the Telescope

秀逸★ロックねーちゃん


Back to Black

セクシーだな~


I'm Not Dead

大好き!P!NK!

■ 売れ筋チェック!
■ BOXセットチェック!

【広告】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。