プロフィール

ママロック

Author:ママロック
もはや10年前、某バンド勝ち抜き合戦にて(笑)マニア受けの歌声を披露したことが。今じゃ、趣味はコドモを叱ること!? 座右の銘は「コドモはパンクだ。。。」

名盤カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

元ロックミュージシャン3児の母。 ロック名盤、ブルース、パンク、オルタナ、おすすめアーティストをやりたい放題に語ります★ママも大歓迎!
ロック名盤★育児だロックだ!ママロック!
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 | 編集 |
[20051113]
JET-ROCK-JETT !

女でも男でもどーでもよくなる。まさにGENDER F**KER !
ROCK'N'ROLLな人なのだ。ただ純粋にロックしてる人、ジョーン・ジェット。

まだ小学生(!)の頃だと思う。
まだカチャカチャ回すチャンネルのついたTVの前で、あたしはくぎづけになった。。。カッコイイ!

ランナウェイズ~THE RUNAWAYSという外国の女バンドである。
1975年、悪名高いマネージャーのキム・フォーリーによって結成。
平均年齢16才!コルセットにガーターという衝撃的な下着姿で歌う
ボーカルのシェリー・カリーに、子供心にしびれてしまったのだ。

リードギターのリタ・フォードもセクシーに見えたな。
今聴いてみると、本当はポール・コゾフのようなブルージーなギターが弾けるのに、時おりメタリックなセンスのないフレーズがでてしまう(笑)。ソロデビューして大ヒットしたことも。

お色気優先だったそんな中、実にストイックな雰囲気でギターを弾いて歌っている人がいた。
何者にも染まらないよ。そう言いたげなジョーン・ジェット。
当時ピンクレディーに夢中だったあたしが、彼女のカッコよさに気がつくのはまだまだ先の事。。。

スージー・クアトロが一番のアイドルだったジョーンは、
1960年(?)9月22日 フィラデルフィア生まれ。13才でギターを弾き始める。。
1975年には、名曲の多いバンド/バングルスのベーシストであるミッキー・スティール、筋肉もりもりドラマー・サンディ・ウェストとともに、THE RUNAWAYS結成!

あたしはこの時のアルバムも大好き!なんか武骨でとてもカッコイイ。
オンナの人がロックをPlayするのは、まだまだバカにされがちだった時代。
ジョーンは何か大きな見えないものと、必死に戦っていたように思える。
あの黒アイラインの目で、きっと何かを見据えていたんだろうな。だからあんな目つきなんだ(笑)。

パンク寄りのジョーンと、ハードロック嗜好が強くなったメンバーは、
当然意思のすれ違いも増えてくる。
ミュージシャン同士、成長してれば当たり前の事である。
様々な脱退・交代劇を繰り返した事実は、彼女達が悩んでいた証拠。
ただのお人形さんバンドではなかった!という事がよーくわかる。
やがて、日本で異様なほど人気のあったTHE RUNAWAYSも、1979年頃には解散してしまう。

セックス・ピストルズのメンバー達と、ロンドンで親交を深めたジョーンは
ファースト・ソロアルバムを作成。なんてカッコイイ化学反応でしょう!
アメリカ帰国後は、腕利きの男たちを集め、
ついにJoan Jett&The Blackheartsを結成。
そしてあの超名曲「I LOVE ROCK'N'ROLL」が生まれたのだ!
(The Arrow'sのカバー・・この曲よく大リーグでかかっているな)

とってもポップだけど、このタイトルの一言が全て。
ジョーンの人生の全てがココにつまってる。
一本気。すごく誠実。そして音楽に対して、とても謙虚な感じがするのが魅力。
きっと、「ジョーンのロックン・ロールものさし」とかあって、
それに従って生きてるんじゃないかな。
自分を信じきってるところにホレボレする。

現役20数年!
ピストルズや、強力女バンド・L7との共演、様々なサントラ盤に参加と、
コンスタントにアルバムを発表し続ける彼女だが、なかなか活動家でもある。
その中でも「ライオットガール」~Riot Grrrlというムーヴメントについて、ちょっと言っておこうかな。

げ!ハードコアなレズビアン集団かよ!Dickを隠さなくちゃ!
・・・というのはどうやら間違いなようですよ。

フェミニズム=男性排除でなく、オンナの子である事に誇りを持ち、
「性」にとらわれず、色んな事をどんどんやっちゃおうよ!
声高に主張してこうよ!と、いうことだそうな。

おっと、コレはあたしの意見。ちょっとおおざっぱ過ぎる解釈かな?
だって、ジョーンはレズビアンだって言う話題ばかリ先行してるんだもん。
彼女は性差に関係なく、みんなに平等にメッセージを送ってるんだ、と断言している。

そしてこんなカッコイイ一言。
"I like being dirty and sexual,I like making people's faces red and I like making'em squirm."
しょえー!カッコよすぎ!意味は皆さん調べてみてね。
コレで安心してビキニ・キルも聴けます(笑)。

JETT'S JET TATTOO
腰骨の上にジェット機のTattoo、弾いてるギターはギブソンのメロディメーカー。
シャウトが似合う声、とても細い華奢な体にレザースーツ。
凛としたたたずまいは、ベタだけど、まさにロックンロール・クイーン!
ああ!なんてカッコいいんでしょう!愛しのHeavy Black Eyeliners!
中学生になってオンナの子バンドを組んだ時、やっとわかったこのカッコよさ。
あたしは始め、歌う事は眼中なかった。ギターを弾く、というより持ちたかった。
もう、ジョーンのように、ギターをこう、ジャーンみたいな(笑)。
出所したばかりのおじさんにせびって、怪しげな赤のストラトを買ってもらったのを覚えてる。
それがダメだったのかな?せめてギブソンにすればギターも続いてたかも?

ALL YOU DO IS THE WILD THING !
ミーハーと言われたってかまわない。
楽曲も、どちらかといえばスージー・クアトロのほうがコピーもしたし、詳しいかもしれない。
でも、あたしはジョーンの「存在」そのもの、その「スタイル」にロックを感じる。
ストーンズ好きのギター少年がキースにホレるように、ジョーンにホレているのです。
いつもROCK'N'ROLLの初期衝動を思い出させる彼女に。

金髪の坊主頭、TATTOOばりばりの腕っぷしは、そーとー強そうだ。

これを読んでJoan Jett聴きたくなった?
うちのダンナ、「全然」と言いやがった。Kick Your A**だ!
そう思った皆さん、自分の耳でジョーンのロック魂を聴いてみて!

アイ・ラヴ・ロックン・ロール(紙) まずはこれ! 
スポンサーサイト
□ TBありがとうございます by REALLIFE

こんばんは。
当方にご訪問ありがとうございました。
色々と詳しいのですねー!とても驚きました。私はこんな歌があったね~程度でしか書けないもので(笑)
ただ、この姉さんのロック、歌声は本当にかっこいいと思います。大音量が似合いますよね。
では、今後もよろしくお願いいたします。

2006-02-15(Wed) 22:21 | URL | #KWyWoJQ6 [ 編集 ]
□  by ママロック

>REALLIFEさん

ありがとうございます。ジョーン姉さんの記事を書いてる方、少ないんですよ(笑)。これからもどうぞ宜しくです★

2006-02-16(Thu) 14:14 | URL | #- [ 編集 ]
□  by lonehawk

はじめまして。
当ブログにコメント&TB頂きましてありがとうございました。
こちらからもTBさせて頂きましたので、宜しくお願い致します。

ジョーンの曲をまとめて聴いていると、今も昔もそのロック魂が全く変わっていないのが素晴らしいですね。
ちなみにワタシはTHE RUNAWAYS出身組ではリタの方が好みだったりするんですけど(笑)。

2006-02-16(Thu) 22:32 | URL | #- [ 編集 ]
□ トラックバックありがとうございます。 by BoosterMania

はじめまして。トラックバックありがとうございます。

ジョーン・ジェットに対する愛情に満ち溢れた記事ですねえ。
The Runways時代は少し地味な印象もあったジョーン・ジェットがソロで出てきた時は結構驚きました。良い意味で。そして、それをずっとやり続けている彼女は本物のロッカーですよね。
これからもよろしくお願いします。

2006-02-16(Thu) 23:00 | URL | #4A9T8td. [ 編集 ]
□  by ママロック

>lonehawkさん

こちらこそありがとうございます。今、パンクで花盛りになってしまってますが、まだまだアップしますので宜しくお願いします。
で、リタ・フォードなんですね(笑)。あのヒット曲聴くと、色々な思い出が~!

>BoosterManiaさん

愛があふれ過ぎて勘違いされそうです(笑)。とにかく、あの一本気なところが大好きなのです★こちらこそ、又よろしくお願いします!

2006-02-16(Thu) 23:39 | URL | #- [ 編集 ]
□ イカしたお母さんですね! by ジュン・オブ・ジョイトイ

TBありがとうございました。J・Jは、まさに生き様がロックしてますよね。
これからも付いて行きましょう!(笑)。

2006-02-17(Fri) 01:49 | URL | #- [ 編集 ]
□  by ママロック

>ジュン・オブ・ジョイトイさん

ありがとうございます!ジョーンについていくには、体力作りからですね(笑)!

2006-02-17(Fri) 22:43 | URL | #- [ 編集 ]
□  by ママロック

通りすがりです。僕も大好きで、当時ジェット機がハートをぶっ壊してるT-シャツをいっつも来てました!ホントカッコイイ!!!!!!!

2006-06-24(Sat) 10:23 | URL | #- [ 編集 ]
□ 承認待ちコメント by

このコメントは管理者の承認待ちです

2011-03-14(Mon) 01:23 | | # [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
Top
http://mamarock.blog31.fc2.com/tb.php/11-d0a444e6

原題は、I Love Rock 'n' Roll 92 / Joan Jett & The Blackhearts です。これ、ミニアルバムで4曲しか入ってないんですけど、1曲目の同タイトルが全米1位に輝いてます。ちょっとスローなハードロックナンバーで、当時聴いた時はそんなに良さを感じなかったのですが、年
2006-02-15(Wed) 22:17 | REAL LIFE 

女性ロッカーとして今も活躍しているジョーン・ジェットのベスト盤を昨年購入しました。2003年発売の国内盤帯付の状態で、お馴染みの大型古本店にて1,000円(税込)でした。彼女がTHE RANNAWAYSでデビューしてから早や30年です。このベスト盤には「チェリー・ボム」(
2006-02-16(Thu) 22:25 | 芸術的生活、 
HOME
copyright © 2005 ママロック all rights reserved.

Template By innerlife02

RSS1.0 ,
MTVよりチョイス!

最近のおススメ


Eye to the Telescope

秀逸★ロックねーちゃん


Back to Black

セクシーだな~


I'm Not Dead

大好き!P!NK!

■ 売れ筋チェック!
■ BOXセットチェック!

【広告】

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。